楽天の商品検索方法

楽天ポイントの倍率がいいからってそのまま買い物してませんか?ここでは、検索が苦手な方の為に楽天での商品の探し方について詳しく解説しています。
有名ブランドの場合、商品名で検索すればそれに関する商品が出てきますよね。
割と簡単です。。。と言いたい所ですが、有名な物ほど難しい事もあります。
例えば「Wii」で検索すると36,152件出てきますが、これはそのページにWiiというワードが含まれる商品全てが表示されています。
つまり、普通に検索しただけだと目的の商品を探すのが難しいわけです。

■STEP1:キーワードを増やす
今は「Wii」だけで検索しました。
「Wii」のみだと、付属品などもすべて検索結果と表示されます。
目的の商品がWii本体の場合、「Wii 本体」などで検索すると精度が上がります。
8,555件まで絞り込めました。
しかし、まだまだ余分な物が多数含まれています。
下記の2つの図は検索結果にある絞り込みの画面です。
絞り込み画面1
↑STEP1〜4,6で利用する「図1」

■STEP2:検索の範囲をタイトルに絞る
通常の検索では、例えば商品番号がWIITHなんて商品も検索結果に表示されてしまいます。
そこで、検索する部分をタイトルだけにする事で大幅に絞り込む事が出来ます。
図1の「商品名、商品番号で探す」の部分にチェックを入れて、右下の「商品検索」ボタンを押してみましょう。
3,131件まで絞り込めました。

■STEP3:価格で絞り込む
通常検索の検索結果にはオークションなども含まれてしまいます。
今の状態で例えば並び順を「価格が安い」にしたら1円の商品がずらりと並ぶ事になります。
1円オークションが一番安いので、そればっかりが並んでしまう訳です。
結構邪魔くさいんですよね。
オークションの他にもネット回線などに加入したら◯円っていうのも家電などではよく見かけます。
Wii本体の価格は20000円なので、半額の10000円くらいから検索すれば十分でしょう。
図1の「価格で絞り込む」の所に10000円〜と入力して、右下の「商品検索」ボタンを押してみましょう。
897件まで絞り込めました。

■STEP4:ジャンルで絞り込む
今回のようにジャンルが明確な場合は先にジャンルで絞り込むのもアリです。
ただ、雑貨など明確なジャンルがわからない時は後回しでもいいでしょう。
ここでは図1の「おもちゃ・ホビー・ゲーム」をクリックしてみましょう。
842件まで絞り込めました。

■STEP5:在庫ありで絞り込む
商品を買いたい訳ですから、売りきれな物を表示してもしょうがないですよね。
今すぐ欲しいって時は「在庫あり」の商品を表示させるとスッキリします。
絞り込み画面2
↑STEP5,6で利用する「図2」
絞り込み条件の「在庫あり」にチェックを入れて、右の「絞り込む」ボタンを押してみましょう。
240件まで絞り込めました。

■STEP6:検索結果を並び替えよう
今はごちゃ混ぜに表示されている状態です。
買い物する際に使うのは「価格が安い」とか「感想の件数が多い」順が便利です。
図2の並び順の所で並び替えてみましょう。
多少不要なのが混じっていますが、ココまで絞り込むと気になる程では無いと思います。
気になる場合は、図1にあるキーワード指定で取り除く事も出来ます。
取り除きたいキーワードを入力し、右下の「商品検索」ボタンを押してみましょう。
ここまでマスターすれば大抵の物は探して比較出来るようになるハズです。

■番外編:製品番号で絞り込む
一番下に書いていますが、とても重要な項目です。
「商品番号」じゃなくて「製品番号」です。
商品番号はショップ毎に異なる番号になっている場合もあります。
製品番号はその製品固有の番号で、製品を識別する為に付けられており、大抵は英数字で構成されています。
わかりやすい例だと、携帯電話のSH-XXXXなども製品番号です。

例を1つ挙げると、「bf564」で検索してみましょう。
体脂肪計がズラズラと出てきますよね。
これは、タニタの体脂肪計の製品番号ですが、それに関連するような商品が出てくるわけです。
このように、製品番号がわかってる商品はSTEP1の前に製品番号で絞り込むと格段に検索効率が上がったりもします。
特に製品名がメジャーでは無い商品や、メジャーであってもいろんな種類がある場合に便利ですね。

■スポンサードリンク